みやこ町デジタルミュージアム

八景山中の史跡(はっけいざんちゅうのしせき)

このページを印刷する

八景山は、英彦山から永らく伸びてきた尾根筋が、京都平野を前にしてこぶ状に突きだしたのちに途切れ・消滅する小山で、古来こうした地形はハヤマ【葉山・端山】と呼ばれて、古代人は祖霊の寄り来る山と考えました。それゆえか、古墳をはじめとする祖霊への祈りやまつりに由来する遺跡が小さな山中に展開し、その植生とともに「小さな野外博物館」のようになっています。
INFORMATION
山中に残る遺跡(甲塚方墳/古墳)

写真を拡大する

山中に残る遺跡(甲塚方墳/古墳)


OTHER PHOTO

  • 山中に残る遺跡(西海道豊前路/官道)

    写真を拡大する

    山中に残る遺跡(西海道豊前路/官道)


  • 八景山護国神社(旧磐根社)

    写真を拡大する

    八景山護国神社(旧磐根社)


  • 八畳岩と太祖神社(旧妙見社)

    写真を拡大する

    八畳岩と太祖神社(旧妙見社)


  • 八畳岩

    写真を拡大する

    八畳岩


  • 八景山麓古墳群(群集墳)

    写真を拡大する

    八景山麓古墳群(群集墳)


  • 八景山麓古墳群(発掘調査中の姿)

    写真を拡大する

    八景山麓古墳群(発掘調査中の姿)




INFORMATION

住所
みやこ町国作1387-1
TEL
TEL
E-mail
開催日時
0000-00-00
登録日
2018-07-04
備考

DOCUMENT

  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 文化財分布地図を見る
  • 学芸員への質問・回答一覧
  • 学芸員に質問する

PageTop