みやこ町デジタルミュージアム

御所ケ谷神籠石(ごしょがたにこうごいし)

このページを印刷する

■国指定文化財

みやこ町が誇る山の文化遺産です。御所ケ岳のピーク,ホトギ山(標高246m)の西北部に位置し、明治時代よりの調査により、古代の朝鮮式山城として「神籠石式山城」と呼ばれています。

INFORMATION
神籠石のある御所ケ岳遠望

写真を拡大する

神籠石のある御所ケ岳遠望

行橋市とみやこ町に跨る尾根上に位置し、御所ケ岳はホトギ山とも呼ばれます。古くは大宰府と朝廷を結ぶ央要衝の地で、山麓一帯は古代豊前国の重要遺構が集中しています。

OTHER PHOTO

  • 神籠石の列石

    写真を拡大する

    神籠石の列石

    列石を伴う土塁の長さは、約3キロにも及びます。

    現在7か所の城門跡が確認されています。








INFORMATION

住所
みやこ町勝山大久保3713ほか
TEL
0930-33-4666
TEL
0930-33-4667
E-mail
開催日時
0000-00-00
登録日
2010-02-27
備考

DOCUMENT

  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 特にありません。
  • 文化財分布地図を見る
  • 学芸員への質問・回答一覧
  • 学芸員に質問する

PageTop